歴史あるジャンパーはアウトドアにもピッタリで釣りにも最適

JUMPER

ジャンパーの歴史について

現在のジャンパーの原型となったのはハリントンジャケットと呼ばれる上着であり、素材はコットン、ゴム、ウール、革、科学繊維などさまざま。ジャンパーの共通点としては比較的軽くて薄い素材が使用されたものが多い。もともとジャンパーは仕事着を指すものだったが、現在では普段着やレジャーウェアなど、広く認知されるようになった。
要はジャケットの派生であるジャンパーですが、ジャケットというのは,西ヨーロッパの男性用短上衣だったのですが、18世紀ごろから女性も着用するようになってから、このように多岐に変化したのだとされてます。
革製のジャンパーである「革ジャン」やジーンズの素材で作られた「ジージャン」などは、もともとは労働階級の人たちの衣類としての物でした。丈夫で動きやすい男性発信の衣類でしたが、時代が移ろうにつれ、それらがファッションに取り入れられるまでになったのはやはり時代の変化と価値観の変化が原因なのでしょう。
現在では子供から大人まで、幅広い年齢層に好まれる衣服となり、寒い冬には欠かせません。何気なく着ていたジャンパーにはこのような歴史が存在していたことに、人類史の長さに脱帽してしまいます。歴史を遡るとこのような発見があり歴史の深さを感じます。

おしゃれなジャンパーとは

人のファッションを見るときに一番目につきやすいのがジャンパーだと思います。コーディネートの中でも存在感があるものですし、私は、ジャンパーはコーディネート全体をまとめる存在だと思います。おしゃれなジャンパーを着ている人を見ると目を引きますが、単品で見た時にはかわいいアイテムでも、コーディネートと合っていないと急に残念なものに見えてしまいます。
また、おしゃれと言われる人というのは、自分に合うものを選んでいる人だと思います。最近ではオーバーサイズのジャンパーが流行っていますが、流行っているからといってただ大きめのものを着てもおしゃれには見えず、ただ着せられているだけに見えてしまいます。自分に合うジャンパーを選ぶコツは、自分にあったサイズ感であるか、というところだと思います。
試着してみると、同じものでも少しサイズが違うだけでだいぶ印象が変わってきます。様々な形や大きさのジャンパーを試着して、自分に合ったサイズ感であるか、自分の身長に合った丈感であるかというところに注目して選んでみると、ただ流行りを取り入れるだけでなく、コーディネートを自分の物にする事が出来、自分だけの個性も充分に発揮する事が出来ると思います。

幅広い世代に人気のジャンパー

ジャンパーとは、イメージとしてはちょっとしたお出かけや、ちょっとそこまでといった時に羽織るものと想像する方が多いと思われます。又、運動を目的とする集団の中でもみんなでお揃いのユニフォームにしたりと、年齢に関係なく幅広い世代で利用されているものと思われます。会社などで作業をする際にも、スタッフ一同お揃いのものを着用されているのを見かける機械も多々あります。ジャンパーだと、ご年配の方も普段は着ないような色のものを選ばれたり、ちょっと派手かなと思えるデザインでも抵抗なく着用されているようです。
もう何年後かに開催されるオリンピックでも、活躍が期待されます。このように、ジャンパーは動きやすい服装として求められることが多いようです。その理由としては、動くことを前提とされたデザインであり、防水加工が施されたりしているからではないかと思われます。そもそもジャンパーとは丈の短い上着のようです。袖口はゴムになっていて、開閉は前ファスナーがほとんどで、ポケット等もあり、気軽に着ることができる上着となっています。
素材については様々ですが、ウールや化学繊維などのものが多く、軽くて暖かいものになっているようです。家庭でも気軽に洗うことができるものが多いそうなので、まさに重宝する衣類かと思われます。価格も手軽なものが多く、生地の厚さによって、夏物や冬物があり、一年を通して目にされることがあるかと思われます。

ジャンパーはおじさんの服?

皆さんは、ジャンパーと言われてどんなものをイメージするでしょうか。ジャンパーと言っても、スウィングトップのようなカジュアルなものから、革ジャンやスカジャンのようなハードなものまで幅は広いです。私の場合は野球が好きなので、スタジャンが最…

MORE ▶

CONTENTS

TOP